広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説

「広告運用代行を依頼できる会社がわからない」
「広告運用の代行費用がどれくらいか知りたい」

広告運用代行を検討するにあたって、数ある代行会社の中から、どの会社に依頼すると高い効果を得られるのか、予算内で依頼できるのか、こういった点は非常に気になるところです。

本記事では、広告運用代行の種類やメリットとともに、広告運用代行会社の選び方おすすめ代行会社の特徴・料金体系などを中心に紹介します。

広告運用代行とは?

広告の運用代行は、自社の商品やサービスを宣伝する広告活動を、広告運用の専門会社(代理店)へ外部委託することです。

代行会社や代理店によって対応できる業務内容は異なりますが、主に以下の業務を代行してくれます。

  • 広告戦略の立案
  • 広告制作
  • メディアプランニング
  • 広告運用
  • パフォーマンス分析
  • 運用の最適化

広告の運用だけでなく、戦略立案、掲載する媒体の選定、予算配分、といった広告運用には欠かせない業務も含めて委託することができます。

広告出稿費に加えて代行手数料が必要となりますが、自社で広告運用するよりも得られるメリットは多いです。

代理店に広告運用代行を依頼するメリット

広告運用代行を利用するメリットは多々ありますが、代表的なメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • コア業務に集中できる
  • 高い成果が期待できる
  • 最新の手法で運用してもらえる

これらのメリットについて、詳しく紹介します。

1.コア業務に集中できる

広告運用では入稿や配信作業以外にも、戦略立案やプランニング、進捗管理やデータ分析など、膨大な作業と労力が必要になります。

Web広告を運用するとなると、スピーディにPDCAサイクルを回していくことが大切です。しかし、自社業務と並行しながら広告運用をするとなると、担当者へ大きな負担がかかります。

代行会社や代理店に広告運用代行を依頼することで、自社の広告担当者の業務負担を減らすことができます。本来のコア業務に集中することがでれば、社員の生産性もアップするでしょう。

2.高い成果が期待できる

広告運用に精通した専門家に任せられるため、早い段階から成果を期待できます。代行会社や代理店がこれまでに培ってきた知見をもとに、自社商品やサービスと相性が良い広告媒体、運用方法なども提案してくれるでしょう。

当然ながら、自社で運用するよりも「高い成果」を望むことができます。

3.最新の手法で運用してもらえる

GoogleやYahoo!といった広告媒体から「パートナー認定」を受けている代理店もあります。このような認定代理店では、限定のツールやセミナーといった優先サポートを受けているため、常に最新の情報や手法を持っています

自社では知り得ない情報を使った広告運用が期待できる点も、広告運用代行を利用するメリットです。

代理店に広告運用代行を依頼する際の費用

広告運用代行を委託する際には、広告媒体に支払う「広告費」と、代行会社や代理店に支払う「運用代行費」を含めて以下の費用が必要になります。

  • 初期費用
  • 広告費
  • 運用代行費
  • 他オプション費

これらの費用について、詳しく紹介します。

初期費用

広告運用の戦略立案、プランニング、リサーチ、初期設定など、広告を出稿するまでの各工程にかかる料金です。

自社内で広告出稿をするまでの準備ができていれば、初期費用は抑えることができます。

また、代行会社や代理店によっては「運用費用に含まれている」場合もあるため、各社のプラン内容をしっかり確認しておきましょう。

広告費

広告費は「広告媒体に支払う費用」で、広告運用をするときには必ずかかる料金です。表示単価、表示回数、クリック課金など、様々な要素によって広告費は決まります。

データを収集するといった観点からも、運用初期にはある程度の費用をかけて広告出稿することが望ましいでしょう。

ほとんどの代行会社や代理店では、運用する広告費の金額によって運用代行費が決まります。

運用代行費

運用代行にかかる手数料のことで、広告費の金額によって料金は変わります。一般的には「広告費×20%の手数料」が運用代行費となるケースが多いです。

広告費が極端に少ないと、パーセンテージではなく固定金額となる場合があります。固定金額になると費用対効果が低くなる可能性もあるため、代行会社や代理店と相談しながら広告費を決めましょう。

他オプション費

広告に使用する「ランディングページ(LP)」や「バナー画像」や「広告動画」などの制作も委託する場合、オプション費用がかかるケースもあります。

また、定期的なレポート作成、打ち合わせ、コンサルティングなども、オプション費用が必要となる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

それぞれの広告の特徴と選び方

広告施策ごとの特徴を簡単にまとめた表が以下になります。

顧客施策名かかる費用購買確率リーチ数
潜在層PR・マス広告・SNS広告中〜大
準顕在層SEO
顕在層リスティング広告

広告にはいくつかの種類があり、それぞれの広告で「費用」や「購買確率」や「リーチできる数」などが異なります。

  • 潜在層:まだ購入を検討していないため、SNS・YouTube広告などで認知を拡大
  • 準顕在層:自社商品カテゴリに興味があるため、SEO施策で検討段階への移行
  • 顕在層:自社商品カテゴリで購入を検討しているため、リスティング広告で購入を促進

広告施策に取り組む順番としては「顕在層→準顕在層→潜在層」となります。

自社の商品やサービスを、どの層に向けてアプローチしていくかで、取り組むべき広告施策が決まります。

代理店が扱う主な広告の種類

広告運用というとリスティング広告と思われがちですが、代行会社や代理店が扱ってい広告は他にもあります。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • 動画広告(YouTube)

これらの広告について、どのような業務を依頼できるかなど紹介します。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンで検索した際に「検索結果に表示される広告」のことです。検索連動型広告とも呼ばれます。

すでに、自社商品カテゴリを探している顕在層に向けた施策です。ニーズがある人へ広告を出せるため、費用対効果は高くなります。

リスティング広告の運用代行を得意としている代行会社や代理店もあり、キーワードのリサーチや選定、ターケッティング、パフォーマンスの分析、レポート作成、などにも対応してくれます。

SNS広告

SNS広告とは、Instagram、Facebook、X(旧Twitter)など、アクティブユーザー数が多いSNSへ掲載する広告です。

まだ、商品やサービスの購入を検討していない潜在層に向けた施策です。ユーザーデータに基づいた広告戦略が必要になります。

SNS広告の運用代行を得意とした代行会社や代理店があり、広告出稿をするSNSの選定、広告運用、データ分析、広告文・広告画像の制作、などにも対応してくれます。

動画広告(YouTube)

動画広告とは、動画を使用した広告のことで、YouTubeやニコニコ動画といった動画プラットフォームで出稿されるケースが多いです。

こちらも、潜在層に向けて認知を拡大させるための施策で、静止画広告よりも伝えられる情報量が多く、視聴者の記憶に残りやすいメリットがあります。

YouTube広告の運用に強い代行会社や代理店もあり、動画広告の運用、運用データの分析はもちろん、動画広告の制作にも対応してくれます

広告運用代行の代理店の選び方

広告運用の代行会社や代理店を選ぶときは、以下の点を確認しておきましょう。

  • 対応業務
  • 実績・評判
  • 料金

これらの点について、チェックするポイントを紹介します。

対応業務

自社が代行依頼したい作業に対応してくれるか、対応業務の範囲を確認しましょう。対応可能な業務としては、以下が挙げられます。

業務内容
プランニング現場の課題・広告運用の目的をヒアリング、KPI・ゴール設定、出稿先の選定、キーワードリサーチ、スケジューリングなど
運用代行アカウント開設、初期設定、広告入稿、運用管理、広告クリエイティブ制作など
成果の分析データ収集、KPI分析、インサイト抽出、レポート提出など
改善策の提案予算の再配分、キーワードの見直し、広告文の改善、ランディングページの最適化など

対応業務を確認する前に、広告運用に関して「自社が依頼したい業務範囲」を明確にしておくと良いです。

広告運用のノウハウがまったく無い場合は、始めから終わりまでワンストップで依頼できる代行会社や代理店を選びましょう。

実績・評判

実績や評判(口コミ)の確認も、代行会社や代理店選びでは大切なポイントです。事例紹介については、詳細まで記載されているかもチェックしましょう。

  • クライアントの課題・目標
  • 運用戦略・結果
  • インサイト・最適化施策
  • クライアントの口コミ

事例について詳細に記載されていれば、しっかり支援をしていると判断できます。

また、自社と同じ業界での実績があるかも重要です。同業他社で結果を出していれば、広告運用の再現性も高く、成功する確率も高いでしょう。

料金

料金体系についてもチェックが必要です。一般的には「広告費に対して決まった割合」を手数料として設定している場合が多いです。相場は「広告費用の20%」となっています。

しかし「最低契約期間」や「最低出稿額」が設定されている場合や、手数料のほかに初期費用が必要となる場合もあるため注意しましょう。

広告運用代行の代理店10選比較表

広告運用代行会社および代理店について、運用広告の種類、特徴、料金などをまとめて紹介します。

サービス・会社タイプ特徴料金
アナグラム株式会社リスティング広告・最新トレンドを取り入れながらアカウントを運用
・業種やエリアに問わず対応しており、訪問による相談・報告会も可能
月額利用広告費の20%
(固定費やテーブル方式の対応可)
株式会社プラセムリスティング広告・経験豊富な担当者が、広告設計・分析をしており、広告運用者はすべてYahoo/Googleの認定資格者
・無料広告診断を受けることも可能
【月額手数料】広告費用の20%
【月額最低広告予算】なし
株式会社キーワードマーケティングリスティング広告・広告運用フローをフォーマット化しており、安定したスピード感と運用品質を実現
・広告予算の大小に関わらず、すべてのクライアントに施策コメントを記載した運用レポートの提出あり
【月額手数料】月額広告費の20%
【アカウント構築費】10万円(初月のみ)
株式会社アイレップリスティング広告・AdWords 広告の日本第1号の代理店であり、プレミアGoogleパートナーにも認定
・広告代理店大手の博報堂の子会社であり、Google広告有資格者や広告賞受賞実績があるクリエイターも在籍
要問い合わせ
株式会社グラッドキューブSNS広告・Meta Business Partners/Twitter広告正規代理店に認定
・各SNSで広告に精通した専門チームが対応し、ダイレクトレスポンスに強い運用を期待できる
【代行費用】広告費の20%
【広告費】50万円〜 スタンダードプラン
【広告運用代行】4.5万円/月〜
【広告費】15万円/月〜
株式会社アクシスSNS広告・「ペルソナ(顧客像)」を明確にしてから運用するため、費用対効果が高い
・自社事業でもSNS広告を出稿しているため、リアルなデータに基づいた運用が可能
【運用代行手数料】広告費の20%(手数料の下限:10万円/月)
【アカウント構築費】20万円
株式会社メディックスSNS広告・クライアントに合わせたターゲット、広告クリエイティブ、販売促進につながるSNS広告、などを提案
・Meta Business Partners/Twitter認定代理店
要問い合わせ
株式会社トーチライトSNS広告・LINE、Meta、XからAdTechパートナーとして得られる最新知見とAPIなどの技術を活用
・広告運用を一元管理する「Sherpa(シェルパ)」や、Xキャンペーンツール「karabiner(カラビナ)」などのソリューションも提供
要問い合わせ
ウルクスYouTube広告・マーケターがプロセスを設計し、効果を最大化させる脚本制作
・制作した動画を「Google広告認定資格」ホルダーが運用するため、効果の最大化も期待できる
【運用手数料】広告費の20%(広告費は100万円〜)
【動画制作】30万円〜
VIDWEBYouTube広告・キーワードリサーチ・選定、A/Bテスト、広告の最適化まで、KPIの達成に必要なあらゆる要素をサポート
・動画制作のプロと、広告のプロの両方が揃っており、効果がある動画広告の制作・運用を期待できる
【基本料金】広告予算の20%
【オプション料金】
・初期設定:15万円〜(初回のみ)
・各種レポート作成:5万円〜 
・動画広告制作:要見積もり 

リスティング広告運用代行に強い代理店4選

「リスティング広告の運用」に強い代行会社や代理店は、以下になります。

サービス・会社特徴料金
アナグラム株式会社・最新トレンドを取り入れながらアカウントを運用
・業種やエリアに問わず対応しており、訪問による相談・報告会も可能
月額利用広告費の20%
(固定費やテーブル方式の対応可)
株式会社プラセム・経験豊富な担当者が、広告設計・分析をしており、広告運用者はすべてYahoo/Googleの認定資格者
・無料広告診断を受けることも可能
【月額手数料】広告費用の20%
【月額最低広告予算】なし
株式会社キーワードマーケティング・広告運用フローをフォーマット化しており、安定したスピード感と運用品質を実現
・広告予算の大小に関わらず、すべてのクライアントに施策コメントを記載した運用レポートの提出あり
【月額手数料】月額広告費の20%
【アカウント構築費】10万円(初月のみ)
株式会社アイレップ・AdWords 広告の日本第1号の代理店であり、プレミアGoogleパートナーにも認定
・広告代理店大手の博報堂の子会社であり、Google広告有資格者や広告賞受賞実績があるクリエイターも在籍
要問い合わせ

各社の特徴や実績、料金などについて紹介します。

アナグラム株式会社

引用:アナグラム株式会社

アナグラムでは、リスティング広告の仕組みを熟知した担当者が、最新トレンドを取り入れながらアカウント運用をしているため、代行前よりも成果が出やすくなっています。また、Webサイト運用に関する最新情報の提供、運用相談も実施しています。業種やエリアに問わず対応しており、訪問による相談・報告会も可能です。

対応範囲広告戦略立案、アカウント構築・運用、運用報告、
クリエイティブ制作、コンサルティングなど
実績各種ECサイト、住宅、美容、金融、保険、士業系、
システム、アパレル、ブライダル、製薬会社、NPO・NGO、広告代理店など
料金月額利用広告費の20%(固定費やテーブル方式の対応可)
※クリエイティブ制作には別途料金が必要

株式会社プラセム

引用:株式会社プラセム

プラセムでは、Yahoo!プロモーション広告(スポンサードサーチ)、Googleリスティング広告について、広告運用の業務全般を代行しています。経験豊富な担当者が、広告設計・分析をしており、広告運用者はすべてYahoo/Googleの認定資格者という体制を敷いています。無料広告診断を受けることも可能です。

対応範囲アカウント開設、初期設定、キーワード選定、広告運用、
レポート作成・提出、改善提案、月例打ち合わせなど
実績美容系単品通販:CVR(獲得率)1.7倍
ECサイト:ROAS(費用対効果)150%改善
toB向け商材:CPA(獲得単価)40%減
料金【月額手数料】広告費用の20%
【月額最低広告予算】なし
【契約期間】最短1ヶ月〜

株式会社キーワードマーケティング

引用:株式会社キーワードマーケティング

キーワードマーケティングでは、広告運用フローをフォーマット化しており、安定したスピード感と運用品質を実現しています。全社員が分析研修を受けているため、様々な場面でデータを正しく扱うことが可能です。広告予算の大小に関わらず、すべてのクライアントに施策コメントを記載した運用レポートを提出し、運用結果の要因分析、改善提案を毎月報告してくれます。

対応範囲広告戦略の立案、ターゲットの整理、広告アカウント構築、
広告運用、広告クリエイティブ制作、運用レポート作成・報告など
実績1,376社・150業種以上
(バス運行会社、寝具通販会社、バーチャルオフィス事業会社など)
料金【月額手数料】月額広告費の20%
【アカウント構築費】10万円(初月のみ)

株式会社アイレップ

引用:株式会社アイレップ

アイレップは、AdWords 広告の日本第1号の代理店であり、プレミアGoogleパートナーに認定されています。リスティング広告をはじめとした運用型広告の代理店として25年という実績があります。

広告代理店大手の博報堂の子会社であり、Google広告有資格者や広告賞受賞実績があるクリエイターが在籍しているのも特徴です。デジタルマーケティングに必要なサービスから、クライアントの課題に応じて最適な手段を用いて支援しています。

対応範囲ターゲット設定、クリエイティブ戦略立案、入札戦略、予算配分など
実績人材業界やECサイトの支援実績あり
料金要問い合わせ

SNS広告運用代行に強い代理店4選

「SNS広告の運用」に強い代行会社や代理店は、以下になります。

サービス・会社特徴料金
株式会社グラッドキューブ・Meta Business Partners/Twitter広告正規代理店に認定
・各SNSで広告に精通した専門チームが対応し、ダイレクトレスポンスに強い運用を期待できる
【代行費用】広告費の20%
【広告費】50万円〜 スタンダードプラン
【広告運用代行】4.5万円/月〜
【広告費】15万円/月〜
株式会社アクシス・「ペルソナ(顧客像)」を明確にしてから運用するため、費用対効果が高い
・自社事業でもSNS広告を出稿しているため、リアルなデータに基づいた運用が可能
【運用代行手数料】広告費の20%(手数料の下限:10万円/月)
【アカウント構築費】20万円
株式会社メディックス・クライアントに合わせたターゲット、広告クリエイティブ、販売促進につながるSNS広告、などを提案
・Meta Business Partners/Twitter認定代理店
要問い合わせ
株式会社トーチライト・LINE、Meta、XからAdTechパートナーとして得られる最新知見とAPIなどの技術を活用
・広告運用を一元管理する「Sherpa(シェルパ)」や、Xキャンペーンツール「karabiner(カラビナ)」などのソリューションも提供
要問い合わせ

各社の特徴や実績、料金などについて紹介します。

株式会社グラッドキューブ

引用:株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブは、Meta Business Partners/Twitter広告正規代理店に認定されており、Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、LINE広告に対応しています。各SNSで広告に精通した専門チームが対応し、ダイレクトレスポンスに強い運用を期待できます。またデータに基づいた静止画・動作制作にも対応可能です(別途料金)。

対応範囲KPI・KGI設定、ゴールに基づく設計、トラッキングコードの設置、
他媒体との複合的な提案、広告クリエイティブ制作など
実績人材派遣、パソコン教室、動画配信サービス、BtoBクラウドサービス、健康用具ECなど
料金【代行費用】広告費の20%
【広告費】50万円〜
【契約期間】1ヶ月〜

スタンダードプラン
【広告運用代行】4.5万円/月〜
【広告費】15万円/月〜

株式会社アクシス

引用:株式会社アクシス

アクシスでは、クライアントの事業内容を理解して「ペルソナ(顧客像)」を明確にしてから運用するため、費用対効果が高いです。広告運用開始前から改善提案まで、一貫したサポートをしてくれます。自社事業でもSNS広告を出稿しているため、リアルなデータに基づいた効果がある最適な広告運用が期待できます。

対応範囲ヒアリング、市場調査、競合調査、施策決定、広告戦略の立案、
キーワード選定、ターゲット設定、広告運用、効果検証、レポート報告など
実績人材派遣会社、太陽光発電の設計・施工会社、エネルギー関連会社、建築会社など
料金【運用代行手数料】広告費の20%(手数料の下限:10万円/月)
【アカウント構築費】20万円

株式会社メディックス

引用:株式会社メディックス

メディックスでは、クライアントに合わせたターゲット、広告クリエイティブ、販売促進につながるSNS広告、などを提案してくれます。Meta Business Partners/Twitter認定代理店でもあるため、より専門的で効果がある運用を期待できます。

対応範囲ターゲット設定、広告クリエイティブ提案、広告運用など
実績具体的な記載なし
料金要問い合わせ

株式会社トーチライト

引用:株式会社トーチライト

トーチライトでは、LINE、Meta、XからAdTechパートナーとして得られる最新知見とAPIなどの技術を活用して、クライアントのビジネス課題を解決してくれます。広告運用を一元管理する「Sherpa(シェルパ)」や、Xキャンペーンツール「karabiner(カラビナ)」などのソリューションも提供しています。

対応範囲プロモーション支援、広告運用、コンテンツ制作など
実績日産自動車など
料金要問い合わせ

YouTube広告運用代行に強い代理店2選

「YouTube広告の運用」に強い代行会社や代理店は、以下になります。

サービス・会社特徴料金
ウルクス・マーケターがプロセスを設計し、効果を最大化させる脚本制作
・制作した動画を「Google広告認定資格」ホルダーが運用するため、効果の最大化も期待できる
【運用手数料】広告費の20%(広告費は100万円〜)
【動画制作】30万円〜
VIDWEB・キーワードリサーチ・選定、A/Bテスト、広告の最適化まで、KPIの達成に必要なあらゆる要素をサポート
・動画制作のプロと、広告のプロの両方が揃っており、効果がある動画広告の制作・運用を期待できる
【基本料金】広告予算の20%
【オプション料金】
・初期設定:15万円〜(初回のみ)
・各種レポート作成:5万円〜 
・動画広告制作:要見積もり 

各社の特徴や実績、料金などについて紹介します。

ウルクス

引用:ウルクス

ウルクスでは、マーケターがプロセスを設計し、効果を最大化させる脚本制作をします。それにより「効果がある動画」の制作が可能です。動画の制作から広告運用まで幅広く対応でき、最適な運用プランの提案も受けられます。制作した動画を「Google広告認定資格」ホルダーが運用するため、効果の最大化も期待できます。

対応範囲動画企画・制作、広告運用、レポート報告など
実績アパレルメーカー、化粧品メーカー、美容室、Webサービス、食品メーカー、
アプリ、ジュエリーブランド、金融など
料金【運用手数料】広告費の20%(広告費は100万円〜)
【動画制作】30万円〜

VIDWEB

引用:VIDWEB

VIDWEBでは、キーワードリサーチ・選定、A/Bテスト、広告の最適化まで、KPIの達成に必要なあらゆる要素をサポートしてくれます。広告パフォーマンスを最大化するために、広告の調整などを適宜実施してくれるのも特徴です。動画制作のプロと、広告のプロの両方が揃っており、効果がある動画広告の制作・運用を期待できます。

対応範囲キーワードリサーチ、キーワード選定、動画制作、動画広告の運用、A/Bテスト、運用の最適化など
実績日本道路株式会社など
料金【基本料金】広告予算の20%
【契約期間】1ヶ月〜
【オプション料金】
 ・初期設定:15万円〜(初回のみ)
 ・各種レポート作成:5万円〜
 ・動画広告制作:要見積もり 

まとめ

広告運用の代行会社や代理店では、リスティング広告だけでなく、SNS広告、YouTube広告などの運用依頼も可能です。代行会社や代理店によって「対応できる業務範囲」や「取り扱っている広告運用」が異なります。

また、代行手数料としてかかる費用相場は、おおよそ広告費の20%となっています。その他、初期設定費やオプション料金がかかる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

広告運用代行を活用する際は、自社がどの媒体で広告出稿したいか広告費に使える予算はどれくらいかを、あらかじめ検討しておくことも重要です。

関連サービス

アナグラム 運用型広告
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
運用型広告専門の 強いチームがいる
2
ビジネス、マーケットの 相談ができる
3
一気通貫な体制
料金・プラン
広告運用代行 月額利用広告費の20%
プラセム WEBコンサルティング
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
広告設計からレポーティングまでトータルサポート
2
パートナーとして認定された代理店
料金・プラン
WEBマーケティング 要問い合わせ
キーワードマーケティング 運用型広告 運用代行
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
広告の成功率を高める 独自のマーケティングメソッドを提供
2
マーケティングの全体像から 目標達成に最適な広告媒体を提案
3
体制(代理店利用・インハウス)や 課題に合わせて最適なマーケティング支援を提供
料金・プラン
初期費用 初期費用:100,000円
代行費用 月額広告費の20%
アイレップ デジタルマーケティング
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
あらゆる課題に対応できるサービスラインナップ
2
高いパフォーマンスを発揮する、 データドリブンマーケティング
3
成果を担う、スペシャリストの確保と育成
料金・プラン
フルファネルマーケティング施策 要問い合わせ
グラッドキューブ 広告運用代行
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
実績をもとにした専門チーム体制
2
透明性のある運用で共通認識を形成
3
広告~制作~サイト解析 の マーケティング支援が1社で完結
料金・プラン
広告運用代行費用 4.5万円 / 月〜
アクシス SNS広告運用代行
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
ヒアリングから費用対効果の高い運用
2
運用開始前から支援を開始
3
蓄積したデータと 自社事業によるノウハウを基にした運用
料金・プラン
運用手数料 広告費の20%
初期費用 20万円
メディックス SNS広告運用代行
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
専門スタッフによるターゲティング設計からクリエイティブ
2
パートナー実績と認定資格
料金・プラン
広告運用費 お問い合わせ
トーチライト SNSプロモーション事業
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
最新かつ深い知見とAPI技術
2
企業アカウントを中心にKPIの達成とビジネス成果の最大化を実現
料金・プラン
SNSプロモーション事業 要問い合わせ
ウルクス Agent ulucus
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
経験豊富なスタッフ
2
広告主のニーズにあわせた提案
料金・プラン
運用型広告 要問い合わせ
ビッドウェブ 広告運用代行サービス
広告運用代行おすすめ10選を種類別に比較|費用と代理店の選び方を解説
特徴
1
動画制作と広告運用のエキスパートが連携
2
KPI達成のための初期設計とスピーディーな運用改善
料金・プラン
広告運用代行プラン 基本料金:広告予算の20%

b-pos編集部

代行・外注サービスの比較サイトb-pos(ビーポス)の編集部。b-posは、BPOサービスの比較検討時に知っておきたい情報やサービスの選び方について解説するメディアです。サービスの掲載企業の方はこちらから(https://b-pos.jp/)