「比較サイトを見て問い合わせ」で確度の高い商談から受注に。

ブランディングテクノロジー株式会社 デジタルマーケティング部 本部長
仲松 様

中小・中堅企業向けにデジタルマーケティング支援を行うブランディングテクノロジー株式会社様。広告、SEO、SNS、制作と横断的にマーケティングの支援を行う同社ですが、競合企業も多く比較検討でリードタイムが長くなってしまっており「顧客フォローに工数がかかる」「新たなリード獲得チャネルが必要」といった課題がありました。

そこで、検討度の高いリード獲得を目指し、b-posへの掲載を開始。今回は同社のデジタルマーケティング部 本部長の仲松さんに、b-posの導入経緯と導入後の変化・成果について伺いました。

  • 課題
    • 新たなリード獲得チャネルを探していた
    • 検討度の高い顧客の獲得
  • 効果
    • 月間5,6件のリード獲得、2,3件の受注
    • 間接的なリード創出による、効率的な営業活動

新たなリード獲得チャネルとして期待

  • b-posにご掲載いただいた経緯について聞かせていただけますか?

弊社のデジタルマーケティング支援事業は、解約率が非常に低く、新規でのお客様より既存のお客様で売上が成り立っています。が故に、リード獲得のチャネルは「既存のお客様からの紹介」がほとんどで、かつそのスタイルに困っていませんでした。

ただ、コロナの時期に既存のお客様の契約終了が重なり、紹介だけのリード獲得では売上が足りないという状況に陥った際に、新たなリード獲得チャネルの必要性を感じ、その手段を探していたところ、b-posさんにお声をかけていただいたんです。

  • 依頼の決め手はありましたか?

弊社はそれまでにも、比較サイトやビジネスマッチングサイトも利用していたのですが、料金体系がややこしいのと、案件化数に対してコストがかかりすぎるので途中で解約していました。他の比較サイトやビジネスマッチングサイトは、成果報酬で費用がかさむのに対して、b-posは月額料金のみとシンプルな料金体系、かつ低コストだったので「いったんやってみるか」という感じで始めやすかったのが大きかったですね。

あとは、運営企業がいつも資料作成でお世話になっているCone社*1だったというのも決め手のひとつでした。(※1:資料作成代行サービス「c-slide」を運営)

月間5件程度、比較サイト経由で「受注につながる」リード

  • 実際b-posに掲載して効果はありましたか?

b-posには、広告運用代行のカテゴリで掲載しました。最初はやっぱりだめかなと思っていたのですが、2ヶ月ほど経過して徐々に効果を実感しています。

商談で問い合わせ理由を聞くと「b-posを見て問い合わせしました」や「広告運用代行で検索して比較サイトで御社を知って問い合わせしました」など、比較サイトを見ての問い合わせが増えています。

数字で言うと、月間5,6件ほどの問い合わせから2,3件受注といった感じ。しっかりと受注に繋がっているので、リードの質も非常に満足していて、社内でも「b-posすごくないですか」と声が上がっているくらいです。都合よく言ってるわけでないですよ(笑)

  • ありがとうございます(笑)

はい(笑)

まだ安定しているとは断言できないので、これからも成果を見つつにはなりますが、実際導入前に考えていた「新しいチャネルの発見」という点でも満足しています。

ベンダー側のニーズが考えられた比較サイト

  • 他に満足していることはありますか?

資料ダウンロードリードが無料という点ですね。これが結構すごくて。さっきもお伝えしましたが、これまでの比較サイトは資料がダウンロードされると1件〇〇円でリード情報を提供といった形でコストがかかりますが、b-posはそれがないんです。

これがリード獲得し放題だ!というわけではなく、たしかに「資料ダウンロードでのリードは商談化しない」んです。だから、ベンダー側のことをよく知って考えられているサービスだなと感じています。

「比較サイト→資料ダウンロード」という直接的なリードの受け渡しで費用がかかる、のではなく、「比較サイト→サービス名を検索する→問い合わせ」という間接的なリードの創出に価値を感じています。

資料ダウンロードリードをすべて追いかけていると「追いかけコストはかかるのに商談化しない」みたいなケースがよくあるのですが、成果報酬型の比較サイトは追いかけないと損。一方で、b-posは無料なので追いかけたい時だけでよくて、効率的な営業活動が実施できています。

新たなリード獲得チャネルとして成立させながらも、工数はそこまでかからないので、今まで通り顧客の成果に向き合う業務に集中できる。ブランディングテクノロジーの強みである「高い顧客満足度、低い解約率」も維持できるのも嬉しいですね。

実際コストだけ考えると、費用対効果がかなり高いので、安定すると最高だなと思っています。よろしくお願いします(笑)

  • ありがとうございます。一同がんばります!

b-posサービス紹介資料はこちらからダウンロードいただけます。

b-pos編集部

代行・外注サービスの比較サイトb-pos(ビーポス)の編集部。b-posは、BPOサービスの比較検討時に知っておきたい情報やサービスの選び方について解説するメディアです。サービスの掲載企業の方はこちらから(https://b-pos.jp/)