DM発送代行サービスおすすめ12選。小ロット・格安で依頼できるなどタイプ別に紹介

新たなマーケティング施策としてDM発送を行いたい企業もあるのではないでしょうか。

しかし、実際にどのように始めれば良いのか、またどれだけのリソースが必要なのかがわからない人も多いと思います。

この記事では、DM発送代行とはというところから、DM発送代行会社を利用することで得られる効果・サービスの選び方などを踏まえ、厳選した12の代行サービスをタイプ別に紹介します。

この記事が、自社にあった代行会社選びの一助になれば幸いです。

DM発送代行とは

DM(ダイレクトメール)は、ポストに投函されるハガキやチラシなど、直接顧客に届けることができるマーケティングツールです。

ネットショップや通販業界でのお中元・お歳暮の案内、病院、美容室などでの来院・来店促進、自社商材の宣伝など、幅広い業種で利用されています。

そしてDM発送代行サービスは、DM送付の際の「デザイン」「印刷」「封入」「送付」といった一連の作業を代行してくれるサービスです。

内製でデザインから発送までを自社で行うのは、時間と労力がかかる大変な作業です。

代行サービスを利用することで、デザインの提案から印刷、宛名印字、配送までを一括で請け負ってくれるため、企業側は発送作業にかかる労働コストや時間を大幅に節約できます。

DM発送代行に依頼できるDMの種類と相場

主なDMの種類にはハガキ、圧着ハガキ、レタータイプ、OPP封筒DMなどがあり、それぞれサイズや印刷のカラー・白黒などによって値段が異なります。

以下は上記の種類別に分けた表です。

DMの種類詳細相場
ハガキサイズは標準サイズからA4、A5などいくつかのサイズがある。
開封作業が不要なので、一目で情報を届けることが可能。
50円〜70円
圧着ハガキ折りたたんで圧着されたハガキ。
通常のハガキに比べて載せることのできる情報量が多く、
またプライバシーを守ることができる。
利用明細や振込書・キャンペーンなどをお知らせすることが可能。
70円〜200円
レタータイプ封筒に複数枚のチラシを封入できる形式。
多くの情報を届けることができ、カタログなどを送ることができる
70円〜150円
OPP封筒DM透明な封筒を使用した形式。
パッと見ただけで中身がわかるので顧客も安心して開封することができる。
また、商品サンプルやノベリティなども同封可能。
70円〜150円

自社のDM発送の目的にあったタイプを選択することが重要です。

認知拡大であれば開封作業のいらないハガキタイプが向いていますし、商品の購入にはレターや封筒タイプが向いていると言えるでしょう。

DM発送代行の分類

DM発送代行サービスは、企業のニーズに応じてさまざまな形態で提供されています。

ここでは大きく三つのタイプに分類して紹介いたします。

  • リストの準備から依頼したい
  • 基本的な業務を依頼したい
  • なるべく安く依頼したい

リストの準備から依頼したい

こちらのサービスでは、DM発送代行会社が提供する送付先リストの利用や、デザインの作成も代行してもらえます。

特にターゲット顧客のデータベースがない、または新規市場へのアプローチを考えている企業におすすめです。

リスト購入からデザイン、印刷、封入、発送までの一連のプロセスを任せることで、効率的かつ効果的なダイレクトメールを送ることができます。

基本的な業務を依頼したい

このカテゴリーのサービスでは、送付先リストの準備とデザインの作成は企業側が行い、DM発送代行業者は印刷・封入・発送のみを担当します。

企業が具体的なターゲット顧客やそれに応じたデザイン案を持っている場合に適切です。

この方法は、自社のリソースを最大限活用しつつ、一番時間のかかる発送作業の手間を省くことができます。

なるべく安く依頼したい

コストを最大限に抑えたい場合、自社でDMを準備し、発送代行会社に持ち込んで発送業務のみを依頼する方法があります。

このアプローチは、内製でデザインや印刷を行うことができる、または限られた予算内で最大限の成果を出したい企業に適しています。

発送代行のみを依頼することで、発送コストを大幅に削減しつつ、手間のかかる業務だけ代行会社に依頼することができます。

DM発送代行サービスの選び方

DM発送代行サービスを選ぶ際には、いくつかの要素を考慮する必要があります。

下記では主な4つの要素を紹介いたします。

これらの要素を理解し、自社のニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。

  • 最低ロット数
  • 代行範囲
  • 発送までにかかる日数
  • 入稿方法

最低ロット数

多くのDM発送代行サービスでは、最低ロット数または最低受注価格が設定されています。

これは、代行業者が受け入れる注文の最小量や最小金額を意味します。

自社が必要とするDMの数量や予算がこの最低基準を満たしているかを確認することが重要です。特に小規模なキャンペーンや限られた予算での発送を考えている場合、この点は特に注目すべきです。

代行範囲

先に述べたように、DM発送代行サービスはさまざまな範囲の業務を提供しています。

自社が必要とするサービスの範囲を明確にし、それに合った代行業者を選ぶことが大切です。

包括的な業務を依頼したいのか、あるいは特定の業務のみを依頼したいのかを明確にし、最適なサービスを選択しましょう。

発送までにかかる日数

キャンペーンのスケジュールや締め切りに合わせて、発送までにかかる日数を確認することも重要です。

入稿から発送までにかかる日数はサービスによって異なるため、期日までにDMを顧客に届けることができるのかどうかを初めに確認しましょう。

入稿方法

DMのデザインや内容の入稿方法も検討すべき要素の一つです。

全ての手続きをオンラインで完結できるサービスもあれば、メールや電話での問い合わせが必要な場合もあります。

オンラインの場合、デザインなどはテンプレートから作ることができます。

また電話やメールなどの場合、やり取りを通じて自社にあった見積もりやデザイン案を考案することも可能です。

タイプ別おすすめのDM発送代行サービス12選

様々なDM発送代行サービスがありますが、以下ではおすすめの代行サービスを三つのタイプ別分けて12サービス紹介いたします。

自社のニーズにあったサービスを選ぶようにしましょう。

■ 基本的な業務を依頼できる DM発送代行サービス

サービス名最小ロット数発送までにかかる日数料金
ラクスル1部〜翌日〜ハガキ:49円〜
圧着ハガキ:52.8円〜
レタータイプ:95.4円〜
OPP封筒DM:79.2円〜
DM発送おまかせ便500部〜5営業日〜ハガキ:60.16円〜
圧着ハガキ:63.83円〜
レタータイプ:72.89円〜
OPP封筒DM:72.89円〜
DM発送代行センター50部〜2営業日〜ハガキ:66.5円〜
圧着ハガキ:75円〜
レタータイプ:90.2円〜
OPP封筒DM:90.2円〜

■ リスト準備から依頼できる DM発送代行サービス

サービス名最小ロット数発送までにかかる日数料金
株式会社ジャパンメール100部3営業日〜ハガキ:54.1円〜
圧着ハガキ:57.4円〜
レタータイプ:要見積もり
OPP封筒DM:82.3円〜
DM発送.net1,000部1営業日〜要問い合わせ
株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ2,000部2営業日〜
(事前相談でさらに縮めることも可能)
要問い合わせ

■ 安く依頼できる DM発送代行サービス

サービス名最小ロット数発送までにかかる日数料金
激安!DM発送代行サイト1,000部2営業日〜要問い合わせ
DM診断100部当日〜48.3円〜
DMweb要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

■ 小ロットから依頼できる DM発送代行サービス

サービス名最小ロット数発送までにかかる日数料金
ダイレクトメール発送online10部5営業日〜(印刷ありの場合)
3営業日〜(発送のみ場合)
50.9円〜
NEXLINK1部当日〜A5ハガキ:61円
A4ハガキ:64円〜
定型ハガキ(当日発送):107円
定形内封書:108円
定形外封書:153円
DATESELECT10部3営業日以内(資材到着後最短24時間以内)要問い合わせ

DM発送代行サービス(基本的な業務を依頼できる )

基本的な業務を依頼できるDM発送代行サービスを紹介します。

ラクスル

引用:ラクスル

ラクスルは全てオンラインで完結するDM発送代行サービスです。

デザインや宛名データはテンプレートを用いて自社で作成する必要がありますが、その分コストを抑えて利用することができます。

簡単操作で行うことができるの最短30分で注文を完了することができます。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数1部〜
料金ハガキ:49円〜
圧着ハガキ:52.8円〜
レタータイプ:95.4円〜
OPP封筒DM:79.2円〜
発送までにかかる日数翌日〜
入稿方法オンライン

DM発送おまかせ便

引用:DM発送おまかせ便

DM発送おまかせ便では、最新鋭機器を導入しており、封入漏れなどのミスを可能な限りゼロに近づけ、高品質とスピード作業との両立を可能にしています。

新規でDM発送を依頼したい人向けのサービスも提供しているので、初めての人でも安心して利用することができます。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数500部〜
料金ハガキ:60.16円〜
圧着ハガキ:63.83円〜
レタータイプ:72.89円〜
OPP封筒DM:72.89円〜
発送までにかかる日数5営業日〜
入稿方法フォームから要問い合わせ

DM発送代行センター

引用:DM発送代行センター

DM発送代行センターは、専任担当者制を採用しているため、営業3時間以内の返信や5回以上の進捗報告を行なうなど、何か急な連絡をしたい場合などに迅速に対応してくれるのが魅力です。

また機械では難しい、複雑な封入も行ってくれるため封入点数・パターンが多いケースやサンプルなどの封入も依頼可能です。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数50部〜
料金ハガキ:66.5円〜
圧着ハガキ:75円〜
レタータイプ:90.2円〜
OPP封筒DM:90.2円〜
発送までにかかる日数2営業日〜
入稿方法フォームから要問い合わせ

DM発送代行サービス(リスト準備から依頼できる)

リスト準備から依頼できるDM発送代行サービスを紹介します。

株式会社ジャパンメール

引用:株式会社ジャパンメール

ジャパンメールは「リスト抽出」「デザイン」「印刷加工」「宛名印字」「封入作業」「発送」のどの段階からも依頼可能です。

なので自社のニーズに合わせた業務を依頼することができます。

また企業リストは、業種・地域別に法人データをリスト化した「業種別電話帳法人リスト」、資本金、従業員数などの企業の詳細な情報から絞り込んだ法人データをリスト化した「詳細企業情報リスト」、新たに設立されたばかりの会社だけをリスト化した「新設法人リスト」の3種類から利用できます

対応業務リスト作成・デザイン制作・印刷・封入・発送
最小ロット数100部
料金ハガキ:54.1円〜
圧着ハガキ:57.4円〜
レタータイプ:要見積もり
OPP封筒DM:82.3円〜
発送までにかかる日数3営業日〜
入稿方法電話またはフォームから要問い合わせ

DM発送.net

引用:DM発送.net

DM発送.netは専属担当がつき、1万通以内なら最短で当日発送が可能です。

また、企業の難しい依頼にも柔軟に対応する対応力も魅了の一つです。

また、テレアポ代行や電話受付代行などのサービスも提供しているためDM発送サービスと組み合わせることも可能です。

対応業務リスト作成・デザイン制作・印刷・封入・発送
最小ロット数1,000部
料金要問い合わせ
発送までにかかる日数1営業日〜
入稿方法電話またはフォームから要問い合わせ

株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ

引用:株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ

ゼンリンマーケティングソリューションズが提供するサービスは、カタログやパンフレット、販促DMといった紙媒体の発送業務を中心に、企業や諸団体、学校で行われている諸業務の「コストダウン」「スピードアップ」を実現するプランを提供しています。

また、発送物のデザイン・印刷(宛名、封筒ロゴ等を含む)・封入・発送までの全ての工程をどの段階からでも依頼可能です。

対応業務リスト作成・デザイン制作・印刷・封入・発送
最小ロット数2,000部
料金要問い合わせ
発送までにかかる日数2営業日〜(事前相談でさらに縮めることも可能)
入稿方法電話またはフォームから要問い合わせ

DM発送代行サービス(安く依頼できる)

安く依頼できるDM発送代行サービスを紹介します。

激安!DM発送代行サイト

引用:激安!DM発送代行サイト

DM発送代行サイトは、これまでの大量発送の実績から、運送会社と最低金額による契約が可能なため低価格でサービスを提供することができます。

また、DM企画から全ての業務を業務を丸々依頼できるプランから発送業務のみの依頼のプランまで用意しているのも魅力です。

対応業務DM企画・デザイン制作・印刷・封入・発送
最小ロット数1,000部
料金(発送)要問い合わせ
発送までにかかる日数2営業日〜
入稿方法電話またはフォームから要問い合わせ

DM診断

引用:DM診断

DM診断は、発送だけプランを用意しており、最短当日発送が可能です。

また、地方工場の活用、物流業者との提携などにより業界最安値を実現しています。QRコードや動画を含めたDMの発送により、発送後の効果検証なども依頼することもできます。

対応業務リスト作成・デザイン制作・印刷・封入・発送
最小ロット数100部
料金48.3円〜
発送までにかかる日数当日〜
入稿方法電話またはフォームから要問い合わせ

DMweb

引用:DMweb

セルマーケが提供するDM発送代行サービスDMwebは、注文から発送までの一連の業務がネット上で完結することで徹底したコストカットを実現しています。

また、進捗譲許なども全てネット上で確認することができるので、余計なやり取りなどをせずに発送まで行うことができます。

さらに、アカウントごとに紐付いた注文なので、再度利用した場合、同じDMであれば手間を省いてそのまま再注文も可能です。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数要問い合わせ
料金要問い合わせ
発送までにかかる日数要問い合わせ
入稿方法オンライン

DM発送代行サービス(小ロットから依頼できる)

小ロットから依頼できるDM発送代行サービスを紹介します。

ダイレクトメール発送online

引用:ダイレクトメール発送online

ダイレクトメール発送onlineは印刷から発送までと発送のみのプランの二つを提供しています。

最短24時間以内に発送・最低10部から依頼可能なので、急ぎで依頼したい場合も利用できます。

また、オプションにデザインや宛名リスト提供もあるので自社にあったプランを作成することが可能です。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数10部
料金50.9円〜
発送までにかかる日数5営業日〜(印刷ありの場合)
3営業日〜(発送のみ場合)
入稿方法フォームから要問い合わせ

NEXLINK

引用:NEXLINK

NEXLINKは、利用したいサービス、郵送DMの形状、宛名部分のレイアウトを選択し、原稿と宛先をアップロードするだけで印刷・配送作業まで行ってくれます。

また1部から3万部まで依頼可能で、小ロットでの利用したい人にオススメです。

さらに、API連携で郵送DM効果も計測 マーケティング分析にも活用することができます。

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数1部
料金A5ハガキ:61円
A4ハガキ:64円〜
定型ハガキ(当日発送):107円
定形内封書:108円
定形外封書:153円
発送までにかかる日数当日〜
入稿方法オンライン

DATESELECT

引用:DATESELECT

DATESELECTは、自社設備の大規模倉庫と人員を完備しているため、10部といった小ロットから大ロットまで幅広く依頼に対応しています。

また、ISO27001とプライバシーマークを取得しており、高度なセキュリティ基準のもとで業務を行っており、会員の個人情報を含むDMや、機密情報が記載された文書の封入、内容が一件ごとに異なるDMなど、セキュリティが要求される案件も安心して委託できます。

さらに、コールセンターを保有しているのでカスタマーサービスにも対応しています

対応業務印刷・封入・発送
最小ロット数10部
料金要問い合わせ
発送までにかかる日数3営業日以内(資材到着後最短24時間以内)
入稿方法電話もしくはフォームから要問い合わせ

まとめ

この記事では、DMとは何かという部分から、選び方、およびタイプ別におすすめの12のサービスを紹介しました。

DM発送代行を利用することで、企業は発送作業にかかる時間とコストを節約し、マーケティングリソースをより効率的に活用することができます。

自社のニーズに合わせて最適なサービスを選ぶことが重要であり、最低ロット数、代行範囲、発送までの日数、入稿方法などを考慮する必要があります。

この記事がDM発送代行サービス選定の一助になれば幸いです。

b-pos編集部

代行・外注サービスの比較サイトb-pos(ビーポス)の編集部。b-posは、BPOサービスの比較検討時に知っておきたい情報やサービスの選び方について解説するメディアです。サービスの掲載企業の方はこちらから(https://b-pos.jp/)